あなたとご家族の

思い出が詰まった家を

​空き家にしてしまうリスク

​社会問題化した空き家

日本は空き家大国へまっしぐら 国も罰則を設けて対策しています
 
空き家対策特別措置法 2015年5月施行

問題のある空き家は

「特定空き家」に指定

この法律は
「特定空き家等」の持ち主に対して、
”除却” ”修繕” ”立木竹の伐採”などの
​必要な措置をとるように
助言または指導をするものです
- 勧告 -
​​指導後改善されない場合
固定資産税の減額が受けられなくなります
- 命令 -
勧告された措置をとらないと 
​50万円以下の罰金が課せられます
- 行政代執行 -
命令された措置を履行しないと
​強制的に取り壊し、費用も請求されます

国の罰則だけでなく損害賠償請求の可能性

空き家になると

火災保険に入れない

火災保険だけでなく対象外になる保険も多い

倒壊による隣家の被害事例

死亡事故など損害賠償事例あり

空き家が原因で火災が発生した場合には

損害賠償請求される可能性もあります

空き家はなぜ問題?

老朽化による倒壊の恐れ

街の景観が悪くなる、庭木が伸びて通行の妨害になる

ゴミや雑草など衛生上の問題

放火される恐れ

不審者の侵入など防犯上の問題

しかも増え続けています

スクリーンショット 2019-05-21 21.29.02.png

なのでペナルティができました

あなたの家・ご実家は

空き家予備軍ではないですか?

! 注意 !

こんなご家族は空き家予備軍です

一人暮らしの親が施設に入ることを検討している

実家は地方都市だが、自分は首都圏で暮らしている

核家族であり、子どもはマンションに住んでいる

両親は65歳以上であり持ち家で暮らしている

両親は老々介護をしているが、近いうちに二人で施設に入る予定にしている

こうなる前に対策が必要

相続発生前、所有者の認知症発症

本人の意思能力がないとされると、売却できません。(成年後見制度を利用した場合、裁判所が認めない)

自宅を売却して施設入居費用や生活費を賄うことができなくなります。

相続発生後、共有になる

・相続で争いが起こり遺産分割協議が不調に

認知症

争続

空き家にしないで活用しませんか?

-3つの活用の方法ご提案例をご紹介-

親が住まなくなったあと、誰か住みたい人がいる

​親が住まなくなったあと、誰も住む人がいない

​親が住まなくなったあと、誰も住む人がいない

​親が住まなくなったあと、誰も住む人がいない

​親が住まなくなったあと、誰も住む人がいない

​親が住まなくなったあと、誰も住む人がいない

​親が住まなくなったあと、誰も住む人がいない

​親が住まなくなったあと、誰も住む人がいない

親が住まなくなったあと、誰か住みたい人がいる

持ち家として活用

​親が住まなくなったあと、誰も住む人がいない

手放さず賃貸住宅や

駐車場などとして活用

​親が住まなくなったあと、家や土地はいらない

売却をして現金化

空き家対策をFPに相談しませんか?

FPに相談する5つのメリット

Shades of Gray

詳細を見る

The Art of Dress

詳細を見る

砂丘

詳細を見る

Body Movement

詳細を見る

Desert Life

詳細を見る

Color Me Pink

詳細を見る

常に相談者の利益を第一に考え、二人三脚で一緒に行動してもらえる

ファイナンシャル・プランナーはお客様の代理人の立場です。

何かを教える先生でも営業マンでもありません。お客様のお話をじっくりお聞きした上で問題解決に一緒に取り組みます。

相談者の人生、家族・親族全体を考慮した広い視野で考えてもらえる

「空き家」、「相続」、「老後資金づくり」などの問題を別個にとらえるのではなく、お客様の長い人生や親御さんやご兄弟姉妹まで含めたご家族全体を視野に入れて、最良の解決策を追求します。

ワンストップで関係する専門家のサービスも受けられる

不動産会社、司法書士、行政書士、弁護士など、お客様の問題解決に必要な各分野の専門家との窓口になり、一緒にご相談をお受けします。

問題解決までのすべての手続きをサポートします。

結論を急がず、じっくり話を聞いてもらえる

結論を急がせたり判断を迫ったりすることはありません。

場合によっては、「今は何もしないほうがよい」という結論に至ることもあります。お客様が納得される最良の解決を目指します。

空き家問題が解決した後も、相談にのってもらえる。

賃貸不動産の管理・税金、売却した後の資金の運用など直接関連する問題はもちろん、人生で起きる諸問題についてお気軽にご相談ください

私たちがご相談を承ります

R_022642930_B_042.JPG

村川 賢

年間約30件の大手企業などの社員研修や、パーソナルマネーコンサルで多くのクライアントに貢献。

​相続と資産形成専門のFP事務所の代表

31.2.12前嶋様-2.jpg

前嶋 雄一郎

相続・事業承継設計が専門。
近年増加している複雑化する相続関係のご相談。一人一人異なるケースに対し、FPとして分かりやすくお客様に寄りそった問題解決をしている。

名称未設定のデザイン (4).png

​菊池 弘美

富裕層、士業、マンションオーナーに対するコンサルティングが得意。一方で資産形成期の若年層からの厚い信頼も得ている。丁寧で身近なコンサルタントである事を心がけ活動している。